水仙


 日、月と風が強い日が続きましたね。

ホントに家が吹き飛ばされそうでした。

自然の力とは本当にすごいものだと改めて感じます。



その代り上空の雲も吹き飛ばされたのか、

日中だというのに富士山がとてもよく見えていましたね。

ケガの功名・・・ではないか(笑)




さて今日は、そんな寒々しい風の中でも頑張って花を咲かす、

水仙をご紹介したいと思います。



と始めると花のブログのような気配がしますが、和菓子のご紹介ですのであしからず。

水仙4 

水仙は、以前記事にした松茸と同じく、表面の生地が雪平(せっぺい)でできています。

食べると表面がふわふわしたような感じがします。



ちなみに現物の水仙がこちら・・・

水仙 


やっぱり比べるとわかりやすいですね。



水仙2 


工程としては、雪平をまとわせた白あんを、こうして成形します。


水仙3 

めしべを付けて、羊羹で作った葉を乗せると完成。




どうやら白い水仙の花言葉は神秘、尊重といったものらしいです。

「尊重」ということは、大切に思っている人なんかに送る花なのでしょうか。


色気より食い気の方には、花ではなくお菓子の水仙を送ってみてもいいかもしれませんね(笑)

紅梅


 2月14日、バレンタインデーも終わり

年度内の大きな出来事と言えば、

卒業式を残すくらいでしょうか



一年は早いものですね

ついこの前年が明けたと思えば

今日はもう50日経っている。



終わりが目前にやってくると

時間の過ぎようは格段に加速します。

きっと卒業を控えた学生は、

私たちが感じているそれとは

少しばかり違うのでしょう。




そんな卒業シーズンと言えば、梅ですね。

越生の梅林なんかは梅の開花が始まったそうです。

見ごろはいつになるんですかね?



こちらは一足先に・・・

2 

これは紅梅というお菓子です。

本物の紅梅の写真があるとわかりやすいですかねー

紅梅 

花びらが厚く重なっている中央に、めしべとおしべがあります。



紅梅も練りきりの一種なので、3色のあんを使います。

5 


真ん中から黒、紅、白と重ねていき

形を整えていきます

6 

あんにそのまま触れるのではなく、ふきんを被せて絞り、形を作るんですね。

1 

指を立てて成形した後はこんな形に。

完成形が見えてきましたね。


4 



最後に黄色でめしべとおしべを作れば完成です。

3 

本物の紅梅が満開を迎える前に

和菓子の紅梅をご紹介してみました。


学校に一本でもいいから梅の木があって、

卒業式の日にしっかり咲いてくれたら

それだけでちょっとほっこりしちゃいますよね(笑)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

黄味焼き


段々と風が強い日が増えてきましたね。

うちの窓がガタガタ揺れてます(笑)

まだまだ寒いですが、春の訪れの予兆なんですかね。



さて、今日は黄味焼きを紹介したいと思います。


黄味焼き5 

この形が最終形態なんですが、どういった手順でここまで辿り着くと思いますか?


全体は四角くて、

でも丸い焼き目もついているんです。






黄味焼き1 

これが元々の原型。

中にはあんこが入っています。

これをつぶすと・・・





黄味焼き2 

こんな形になりますよね。

まずは丸いまま焼き目をつけます。


黄味焼き3 

だからこんな感じ。

まだ四角くないんです。








黄味焼き4 


最後にこうして四辺を焼き上げると黄味焼きの完成となります。

最初から四角く成形して、6面を焼くと

2面が丸い焼き目には、ならないんですね。


作業が同じでも、順番が違うだけでまったく違ったものになってしまいます。

黄味焼き5 


テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

カステラ


個人的にはこいつが、

最も物議を醸すお菓子だと思っております。



ホントに和菓子なのかと



洋菓子なんじゃないのかと



見てご覧なさい、この焼き上がり。

明らかに洋菓子の肩書の方が似合っている。


 カステラ1



もうご承知とは思いますが、カステラは長崎発祥のお菓子です。

ポルトガルから伝わった南蛮菓子を日本風にアレンジして、この形になったそうですね。

だからあくまで和菓子。元はもっとパウンドケーキに近かったみたいです。




卵、小麦粉、砂糖といった栄養価の高い材料を使ったお菓子ですから、

昔は結核患者の栄養剤としても使われたそうです。





切り分けるとこんな感じ。

小さく切り分けずに、このままかぶりついたら贅沢ですね。

飲み物は問答無用で牛乳。


カステラ2



年に数回しか作らないのですが、

作ったときには端っこの切り落としが残ります。

案外こっちの方がおいしかったりするんですよね。

タイミングよくご来店された方はぜひ買ってみてください。






ちなみに上のカステラはこんな箱に入れて、

贈答用に使ってもらっていたりします。



カステラ3
   

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

News
篠田製菓

SHINODA

Author:SHINODA
大正時代より続く和菓子屋
埼玉県三郷市にて営業しています。
発送も承っておりますので、
お気に召す商品がございましたら、
お気軽にご連絡くださいませ。

店舗情報
・住所
埼玉県三郷市番匠免1-47

・TEL
048-952-6054

・MAIL
shinoda.seika@gmail.com


大きな地図で見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
おすすめ商品

【新商品!】
ハチミツかすてら


カステラ

【定番!】
観音どら焼き


どら焼き180
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
お品書き
◇年中物
\55
 ・団子(あん,みたらし)
\87
 ・大福
 ・すあま
 ・茶饅頭
 ・黄味焼
 ・水羊かん
 ・アンドーナツ
\108
 ・栗むし羊かん

◇配送可能
 ・どら焼き(小)\173
      (大)\1,188
 ・パイ饅頭(各\140)
      栗
      アンズ
 ・三郷餅(各\108)
      クルミ
      アンズ
      ユズ
 ・中川の郷(各\216)
      白
      ブルーベリー
      ユズ
 ・くず切り(各\195)
      ウメ
      アンズ
      キンカン
 ・インター最中\130
 ・三郷そだち(栗饅頭)\173

◇際物

\87
 ・うぐいす
 ・桜餅
\108
 ・柏餅
\155
 ・さくら
 ・つぼみ


\155
 ・朝顔
 ・水辺
 ・うめ衣


\155
 ・まつたけ
 ・
 ・山の華


\155
 ・水仙
 ・雪化粧
 ・千両

彼岸
おはぎ(各\108)
    こしあん
    ごま
    きなこ